フライパンひとつで作るパスタ『ミートソーススパゲティ』

フライパンひとつで作るパスタ『ミートソーススパゲティ』

フライパンひとつで作るパスタ、通称「ワンパンパスタ」。

本格的に作ったら難しそうなミートソース(ボロネーゼ)も、ワンパンで簡単に作れます。

今回はトマト缶を使わないでトマトジュースを使用。

野菜は玉ねぎだけのシンプル構造ですが、本当に美味しいのでぜひ試してください。

目次

ワンパンで作るミートソーススパゲティ

ワンパンで作るミートソーススパゲティ

[材料]1人前

スパゲティ(1.7mm)100g
トマトジュース200cc
300cc
オリーブオイル小さじ1/2程度
玉ねぎ1/4個
ニンニク1片
ひき肉100g
塩(肉の下味用)1g
ブラックペッパー(肉の下味用)適量
塩(ソース用)適量
ブラックペッパー(ソース用)適量
バター10g

[作り方]

  • ひき肉は塩胡椒で下味をつけ、玉ねぎとニンニクはみじん切りにしておく。
  • フライパンにオリーブオイルを入れ、ひき肉を塊のまま両面焼く。両面焼き色がついたらざっくりほぐし、玉ねぎとニンニクを入れて炒める。
  • トマトジュースと水を入れ沸騰させ、パスタを袋の規定時間のマイナス1分を目安に茹でる。
  • タイマーが鳴って、麺の硬さがアルデンテなら塩とブラックペッパーで味をつけ、バターを溶かしコクをつける。
  • お皿に盛り、お好みでパセリや粉チーズなどを振って完成。

④の時点でまだ固かったり、途中水分が少なくなってきたら適宜水を足してください。50ccずつ足すと失敗しにくいです。

ひき肉は牛、豚、合挽き肉など何でもOK。

調理工程を画像で解説!

ひき肉は塊のまま焼くことでゴロゴロ感が生まれ、ジューシーな仕上がりに。
ニンニクは焦げやすいので玉ねぎのタイミングで一緒に炒めます。
トマトジュースの代わりにトマト缶でもOK。
その場合は1/2缶がおすすめ。
パスタを茹でる時は、ポコポコくらいの火加減がベスト。
仕上げのバターでコク出し。

このレシピで使用した調味料

カゴメトマトジュース
¥3,591 (2024/06/16 11:22時点 | Amazon調べ)

ミートソースとボロネーゼは違うのか

厳密に言えば異なるのかもしれませんが、当レシピでは特に大きな区別はしていません。しいて言うなら、肉感が強いのがボロネーゼソースの割合が多いものがミートソースといった風なイメージを持ってもらえれば良いんじゃないかなと思います。

「ソフリット※が入ってないからボロネーゼじゃない」「タリアテッレ※じゃないとボロネーゼとは言わない」といった論争は現代の家庭料理においてはナンセンスな気がします。

  • ※ソフリット…玉ねぎ、にんじん、セロリなどの香味野菜をじっくり炒めたもの。
  • ※タリアテッレ…別称フェットチーネ。細長いリボン状のパスタ。平麺。

より本格的なワンパンボロネーゼを目指すなら

ボロネーゼのイメージ

玉ねぎを炒める段階で、にんじんとセロリのみじん切りも入れるとより本格的なボロネーゼに近づきます。

割合は、玉ねぎ:にんじん:セロリ=3:2:1くらいの量が目安です。

また、本格とは離れますが味付けにケチャップを入れると味に広がりが出ておいしいですよ。

あなた好みの味を探してみてくださいね。

フライパンひとつで作るパスタ『ミートソーススパゲティ』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアよろしくお願いいたします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【SNS総フォロワー43万人超】
\麻薬卵のタレ好評発売中!/

エコール辻東京・イタリア料理マスターカレッジ卒。「家庭料理のハードルを下げて笑顔を増やす」がモットー。冷蔵庫にある食材や調味料を使い、誰でも美味しく簡単に作れるレシピを発信。

主にTikTokやInstagramなどのショート動画でレシピを配信しています。

各種SNSは以下のアイコンから▼

作った感想や質問はこちらに!

コメントする

CAPTCHA


目次